ライブドローイングセッション by Poppy Waddilove (2022.11.1-3)


先日、ロンドンよりアーティスト、Poppy Waddiloveが来日し日本の皆さまに向けて対面では初めてとなるライブドローイングセッションを実施いたしました。

お越しいただいた皆さまと楽しい時間を共有できPoppyも私も感謝の気持ちでいっぱいです。


11月1-2日の2日間は阪急百貨店5階のラグジュアリーなドレスに囲まれたTHE D GALLERY様にて、11月3日は当ギャラリー、Akira Art Roomにて実施しましたライブドローイングの様子をたくさんの素敵なお写真とともに振り返りたいと思います。

載せたい写真がたくさんありすぎて困ってしまいましたが何枚かピックアップいたしました。

まずはTHE D GALLERY様での様子から。

バーガンディーカラーにヘアダイされたとてもお洒落なお客様

Poppyが描くとお客様の持っていらっしゃる華やかさがさらにドラマティックになりました。

アジアンビューティーなお客様。控えめでとても上品な方でした。


お一人、おひとりのポートレートを描く前に必ず手前に映っているカラーパレットで色の調整や線の太さを確認するPoppy.

ササッと大胆に描いているように見えて実はとても緻密に繊細にこのカラーパレット上で納得いくまでトライ&エラーを繰り返しています。

お客様のイメージに合う色が手持ちのマテリアル(水彩、クレヨン、パステル、インク、ペン)の中にない場合はこのカラーパレット上で色を混ぜてクリエイトします。

このカラーパレット自体がもうひとつのアートですよね。


THE D GALLERY様でのドローイングの様子。

お客様もスタッフの皆様もとてもお優しくキラキラしたドレスに囲まれたラグジュアリーな空間でした。日本で初めてのドローイングセッション会場がこんなにも素敵なところでよかったね、Poppy.


ここからはAkira Art Roomでの様子です。

Poppyのアートを以前にご購入くださった方々がメインで来てくださいました。

パープルカラーのヘアスタイルが美しい智子さん。


本人はとっても可愛らしいお顔なのにPoppyのフィルターを通すとクールな女性になるまどかさん。


みきさんの印象的な大きく優しい目元を描いているところ。


サーフィン帰りの少し日焼けされたリカさんのヘルシーな美しさを紙の上にも表現しました。

ドローイング中の真剣な表情!


3日間のすべてのドローイングを終えて穏やかな表情のPoppy. ひとつ上の写真と別人みたいですね。色々な表情を持つ魅力的なアーティストです。


私も描いてもらいました。

10分程度でササッと描いたので皆さまのように色をたくさん重ねてないのですがシンプルで気に入っています。

実はイベントが始まる前の初日の隙間時間に描いてもらったのですが私は笑顔でいたつもりだったのにPoppyが描く私は不安とかすかな期待の入り交じった顔をしていませんか?

いつもそうなのですが何か新しいことを始める時って平静を装っていても内心はとても不安だったりします。どうやらPoppyに見抜かれていたみたいですね。


最後に私のお気に入りの一枚です。

撮った私が自分で言うのも何ですがお客様とPoppyの楽しい雰囲気が伝わるとても良いショットだと思いませんか?

今回の企画はポートレートを気に入っていただくだけでなく、20分程度のわずかな時間で目の前のお客様と心を通わせインタラクティブな関係を築きスペシャルな体験を心から楽しんでいただきたいという想いが根底にありました。

その私たちの想いがぎゅっと詰まった一枚だと思うのです。

これからのアートは観て楽しむだけのものではない、新しいアートの可能性がPoppyのドローイングとお客様の素敵な好奇心によって生まれたと感じた3日間なのでした。


閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示
AAR_logo01.jpg